GARU・Diary

なんというか人間関係がこんな数字の羅列と同じだったら簡単なのに。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初恋バトン。

こんなものでしょうか。回っているうちに質問変えちゃっても問題ないです。

Q1 ずばり初恋はいつ!?

遅い・・・のかな?小学5年位のときです。

Q2 相手の人はどんな人でした?

明るい人。頭が良いわけでもなくムードメイカーでもない明るい人だった。

Q3 告白はしましたか?

しました。えぇ。

Q4 それは実りましたか?

ジンクスを破れませんでした。「初恋は実らない」・・・。

Q5 そのときの感想を!!

恥ずかしいっていうかなんていうか・・・。今までの告白と一緒かな・・・?

Q6 自分はどんなタイプが好きなんだと感じましたか?

明るく活発な人・・・だと思います。髪はどちらかって言うとショート・・・(最近発覚した事実

Q7 そのタイプは今とは変わっているんですか?

いや全く・・・。明るい人が好みなのは変わってないし・・・。

Q8 もしその人に今告白されたらどうしますか?

その人今彼氏いるんですよねぇ~。振ります。ミグーさんのほうが好きです。(何てことを考えるんだ

Q9 というか今彼女or彼氏又は所帯持ち?

いませんって。いたらミグーさんのことなんて書きませんよ。

Q10 初恋・・・ではなく始めての春が来たのはいつですか?

中1・・・かな?ちなみにその人も明るい人だった。

Q11 どのぐらいの間・・・?

短いです。2~3週間だったような・・・。

Q12 次のバトンの相手を!!

えっととりあえず一気にやってしまうとつまらないと思うので・・・。

渡す人数を「一人」に限定しましょう。

では桃っちさん!!頼みましたよ?( ̄ー ̄)ニヤリッ

...続きを読む

スポンサーサイト

バトン

バトンの賛成をもらえたのでやって見ますか。

でも内容は・・・?「初恋」でいいのですか?

OKなら今度作っておきますね。

俺が作るので変な感じになるかもしれないけど・・・。

もしこんな質問を入れて欲しい!!ってのがあればコメントに書き込んでください。

入れます。

自分で言うのも恥ずかしいですねぇ~・・・このテーマ。

けど他の他人のはニヤニヤしながら見てしまいそうです。

ネタ供給・・・( ̄ー ̄)ニヤリッ

他にも色々まわしましょう!!w

テスト。

あぅ・・・テストです。

ってか帰ってきたんですどね。テストが。

そ~いえばキリ番踏んだ人はリクエストですからね?

忘れないで下さいね!!?

444がキリ番ですよ!!

テスト結果はっぴょ~~。

国語 85点

数学 86点

社会 87点

英語 81点

保体 69点

これが帰ってきた息子もとい紙達の点数です。

俺にしてはまともに点数取れてますね。。。

では・・・。今日はこれくらいで・・・。

ハンド

ひっさしぶりにハンドボールをしました。

自己推薦で高校をうけるやつの付き添いで。

小学生がやっているのにマジって遊んでいたんですが・・・。

こいつら・・・。

なんて遠慮が無くて

生意気な。。。!!

しかしどっかの先生なども見ているの何もできず・・・。

しかもボールが・・・ちっさい・・・。

一号球といって中学生が使うボールの一回り小さい奴なんですけどね。

そして・・・今日の朝起きて見ると・・・。

筋・肉・痛!!

駄目だ・・・俺・・・もう年だわ・・・。

小学生と戯れて筋肉痛になるなんて・・・( つД`)

日記。

グエムsと稲葉s・・・まーちゃんs・・・消えてしまいましたね・・・。

消えてしまったという表現はどうかと思いますが。。。

多分ジョージsも断腸の思いでやるしかなかったのだと思っています。

みんながみんな更新をサボったら発展しませんもんね・・・。

SIMPLE様でブログをやっている方がバトンなどを渡したら楽しいんじゃないかな?と思ったりもしました。(今。

ネタ供給になりますしね。

その人がPCに触れなかったりしたら辛いですが・・・。

そういうような相互性を活かさなきゃブログの意味が無いですものね。

今度そんな企画(ネタ作り)について話しあいたいですね。

今週はこんな話題で行きましょう!!みたいに・・・。

みんなが共通の話題について触れる・・・。

性格出てきて楽しい・・・かも?

ブログを書いてない方には申し訳ないですが・・・。ネタを提供されるって書き安いものだと思うんですよ。

実際このブログだって白紙の状態から書いているんですしね(苦笑

で。どうでしょう?もしこの日記を見ていてくださっていましたら・・・。

そんな企画・・・楽しいんじゃないでしょうか?

SIMPLE様のような大型HPのブログ要員として・・・。

馬鹿やって楽しんで行きませんか!?

...続きを読む

ふぅ~

バドsに昨日泣きながら「そんなの男じゃない」と言われました。

バドs・・・卒論頑張ってくださいね・・・。

そしてプレイ日記を書くために精魂尽くして頑張ってください。

ぁ~・・・ミグーのメールアドレスですが・・・。

携帯が止まっただけらしいです。

来月復活・・・する・・・のかな?

ちなみにテストは技術・家庭以外は結構手ごたえがありました。

今回のテスト・・・もし・・・もし自己最高順位獲得したならば・・・。

親に内緒でプリペイド携帯でもコンビニで買ってこようかな・・・と思ってます。

実は昔親に見つかってまして・・・もっかい見つかったらやばい事になりそうなのでどうかと思うのですが・・・。

やっぱりやめようかな・・・。

ぁぅ~・・・

それはそうとミグーさんとメールができなくなって色々考えます。

あの人は高嶺の花・・・と言われてもしょうがない人を好きな俺。

「好きだ」というよりも「憧れてる」だけなんだろうか・・・?

そんな意味も無い自問自答を繰り返しています。

相手の気持ちを知る前にそんなことしてど~するんだと言われたら言葉に詰まりますが・・・。

結構大事だと思うんです。これ・・・。

...続きを読む

ショック

えっと・・・ピンチ(?)です。

ってゆうかショック。

ミグーさんがメールアドレスを変えたらしく・・・メールを送れない・・・。

自分だけアドレス変更のメールをもらってないのかとかなりショックでしたが・・・。

友達に聞いたところ・・・

そんなことは無く、みんな変更のメールをもらって無いんだそうです。

ぁ~・・・終わった・・・とかそれを聞くまで思っていましたが・・・。

ぉぉ希望の光が!!!

でも・・・ですね・・・?

まだメール来てない・・・orz

恐れていたどうりになってしまうのか・・・!?

ぁぁ・・・神様なんてほとんど信じて無いけどお願いします・・・orz

...続きを読む

テンプレ&タイトル変

余談ですがテンプレート&タイトル、そしてカウンター設置しました。

テンプレートは前のに戻した・・・って感じですね。

何気にすっごい気に入ってるので。

だって俺の心は・・・

錦のようにきらびやかですから。

えっ?突っ込んでくれないんですか?

つっこむべきでしょう。(マテ

さて、最近では付き合っている人が増えてきています。

下校のときなんて周りを見渡すとカップルだらけで困るときがありますからね。

友達に挟まれたときなんていづらくていづらくて・・・。

それに二人っきりで帰っていても喋っていないカップルとかいるんですよね。まだ気まずくて。

見ていて俺の方が気まずいっての!!

ミグーについてはあまり変化が無いので・・・あの人の説明をちょっとばかし。

現役時代はバレー部。レギュラーだったかどうかは知りません。

スポーツはそこそこ得意で・・・頭の良さと成績はあまり良くないらしいです。

天然ボケといわれてもおかしくないような性格。明るいです。

友達づきあいも多いようで・・・

ちなみに全日本の女子バレーをみる事を勧める位バレーが好きで大山加奈が好きらしい。

ちなみに出身小学校は俺とは違いますよ。

○○と付き合っていたなどという話はあまり聞きません。ってかきいたこと無い。(俺だけか?

ミグーさんについて俺が知っているのはこれくらい。

あとは得意教科とかぐらいかな。


後日談。

あれから・・・あんまり事態は変わっていません。

俺は今でもちょくちょくミグーさんにしていますし、告白なんてしてません。

最近なんて「バレー見てね!!」とか言われて本気でグラチャン見ました。

バレーをTVでこんなに見るのは初めてですよ。(4回とも見ました。

いまだに俺をミグーさんに振られた人と思っている人の方が多いですし、

実際にそ~なるかもしれませんしね。

これからど~なるかわかりませんが・・・。

温かい目で見守っていてくださいな。

何かあったら随時報告いたしますので。

...続きを読む

裏側

俺がミグーさんにお土産を渡したとき、裏で動いてる奴らがいた。

そう、Iである。

Iは自分が好きなキース(仮名)に対して告白するつもりだっただ。

実際的には告白するつもりだったというより、告白するように強制されたってほうが本当だが・・・。

そしてIはキースが来るのを待つ・・・。

キースは友達と帰るとき必ず別れて一人になるのだという。

そして運命の時間がやってきた・・・。

キースが通りかかったのだ!!!

I「ちょっと待って!!!」

こんな感じでIは突撃した。

勇敢な突撃だった。

そして・・・努力むなしくIは撃沈した・・・。

その勇気に敬意を表し、功績を称えながら敬礼!!!

Iは虚しくも大破してしまった。

そして振られた者には友達からのきつい冷やかしが待っているこの学校・・・。

現実を目の当たりにして告白するの嫌だなぁ~・・・と感じてしまったその日の夜。

ばとん。

バトンが回って着ました。

恋愛?の話は下にあるので注意してくださいね。

Q1:ソフトクリームは舐める派? それともくわえる派?

舐めます。 ふつ~に舐める派です。

Q2:サクランボのへたは結べる?結べない???

無理。器用じゃないんで。

Q3:貴方は青汁飲める?飲めない?飲める人は飲んだ感想は?

飲めないかな・・・。苦手なんですよあ~ゆ~の。飲んだ事ないけど

Q4:勝負下着は着用する?

男にそんなのあるのか!!?まぁとりあえず着用しねぇ~よ。

Q5:牛乳のイメージは?

なまっこい感じ。

Q6:飲むジュースのサイズはS、M、L、ビックのどれ?

Sかな。ジンジャエールで。

Q7:バナナの最適だと思う長さは?

・・・バナナに長さもなにもあるのか・・・?バナナはバナナじゃ・・・。

Q8:最高通話時間を教えて下さい 。

友達が全く出なかったので6分間位放置してた事はある・・・かな。ちなみにいつもは1分もかからない。

Q9:スポーツ観戦で興奮したら立つ?立たない?    

スポーツによりますが・・・立つときもあるかな。

Q10:子供を乗せるのは、前?後ろ?(前か後ろでお答えください

中学生に聞くんですか・・・?自分だったら後ろかな。(何歳かにも寄るけど

Q11:寝る時の電気は消す?消さない? 明るい部屋、暗い部屋?ちょっと明るく?

消す。ちっさいころ真っ暗だと眠れませんでしたが。

Q12:携帯でメールを送るときは右手を使う?左手を使う?両手を使う?

もってないんですが・・・。まぁ打たざる終えないときは左手・・・かな?右利きだけど。

Q13:湯船に入る前に、体を洗う?洗わない?

あんまり洗わないな・・・。

Q14:●●跳び! ●の中に言葉を入れて下さい

熱血行動うさぎ跳び!!!(ひざを壊します。やめましょうね。

Q15:次にまわす五人をきめてください!

えぇ~・・・こんなのですが誰かもらってください。

というかバトンは答えられるものはほぼもらう気です。

答えられないものの例・映画・TV系など。みないから。

真相?

渡すことが決まった・・・。そして何処で何時?ってことも決めた。

俺「あのときみたいに渡すのは嫌だなぁ~・・・(苦笑」

ミグー「人もたくさん見てたしね・・・私もあれはちょっと嫌かな。」

・・・。

俺は恥ずかしい思いして、自分でみんなにからかわれるようなネタ作っただけかよ( つД`)

そしてまぁ放課後取りに来てくれるんだとか。

夜が明け、学校に行く。

Ⅰ 「ガル~・・・どんまぃ!!」

1号「おぃI!!ガルの事見習えよ!!お前も告ってこい!!」

ぁ・・・そういえばこいつら渡せることしらないんだっけ・・・?

ミグー「うるさいのにはガルが喋らなきゃ大丈夫だよ!!特に1号とか・・・」

・・・放置しよっと。(*´∀`) クスクス

話の流れでゲーム参加者Iが告白することに。

・・・ごめん・・・ごめんよI・・・俺・・・別に失敗はしてないんだよ。

で・・・退屈な学校の授業が終わり、放課後になる。

俺はいつもと同じ感じで友達と話しながらクラスに残る。

俺「おぃM・・・実はさ・・・渡せることになったんだよね。」

M「マジで!!?良かったじゃん!!あれ・・・Iは・・・?」

俺「いや・・・ねぇ?楽しそうだし・・・。」

Iが突撃する前にI・ゲーム参加者T・俺・うるさい人(3号)で話をしていると・・・

ミグーさんの友達(同じクラス)の人が来て

「ミグーはソーラン節の集まりで遅くなるから待っててだって。」

・・・。(ちなみにこのとき文化祭でソーラン節をやったばっかりだった。

こいつらに教える気なかったのに・・・。

その場にいた3号・T・Iが知ってしまうアクシデントが起こる。

必死で口封じをする俺。その場にいた奴らが「おぉ~!?」って言葉を発したので

1号が寄ってきて話を聞いてくる。

お願い!!信じてっから!!頼むよ!!などといって口封じ。

どうやら通用したみたいで言わないでくれるらしい。

でそいつらが帰ってMと二人きりでクラスで待つ。

ちなみにMは彼女、リン(仮名)を待っているついでだ。

そしてソーラン節の集まりが終わったらしくミグーさんが歩いて来た。

そしてクラスに入ってきたのだ。

反応して俺はサブバックまでお土産(と称したプレゼント)をとりに行く。

俺「・・・はぃ。これ・・・。」

ミグー「・・・ありがとう・・・。」

俺「ぁ・・・俺・・・センス悪いから・・・そんなに期待しないほうが・・・」

ミグー「ん。大丈夫。ありがと。」

渡す。渡した。渡せた。

ミッションコンプリート( ̄ー ̄)bニヤリッ

告白しないのかよっ!!とか聞きませんよ。この話完結なんてしてないんですから。

...続きを読む

真相。

そして俺の苦悩の時間が始まった。

みんな見てる・・・。ミグーは友達と話してる。

無理!!

俺「おぃ・・・おまえら本気でやめろよ・・・。どっかいけよ。」

ちゃんと承諾してばらけてどっかいってくれる。

ほっ・・・と思ったそのとき、ゲーム参加者Ⅰがミグーを呼ぶ。

心の準備全く無し。

I「おぃ!!ガル!!早くこいって!!」

はぁ~・・・。と心の中でため息をつきながらてこてこ歩いていく。

ミグーが出て来る。

不自然な呼ばれ方をしたミグーのことを当然グループは見てるわけで・・・。

視線が・・・痛い痛い痛い( つД`)

俺「ぁの・・・お土産・・・もらってくれる・・・かな?」

ミグー「えぇっと・・・。その・・・。いらないです。

いらないですいらないです

グフッorz

ということで撃沈。

元気出せよ!!ガル!!と慰めてくれる人やガルが頑張ったし俺も・・・などというI。

そしてそのことを同じクラスで調子載ってるうるさい奴が違うクラスでうるさくてしつこい奴にばらす。(以下1号・2号と呼ぶ。

そして1号・2号の奴が調子のってばらすわばらすわ・・・。

けど撃沈のショックがまだ残っていたのであんまりつらくないってのが実感。

実はまだ続く・・・

...続きを読む

ねずみーの裏話

ということでねずみ~海に降り立った自分。

アトラクションよりお土産探して歩き回る。

というか・・・。絶叫系駄目だとのるもの無いわ。

Mやミグー・・・その他もろもろの友達にお土産を買う。

ねずみーがくっきりわかるような物は個人的に嫌なのでねずみー領内から出た瞬間外したくなる法則により

ねずみ~女に少し見えるかなぁ~・・・。って程度のものを買った。

詳しくは結構恥ずかしいので秘密。

そして帰宅。

自分「えっと・・・お土産買って来ちゃったけど迷惑だった?」

とミグーさんにメールを送る。

そして渡すことになるのだが・・・。

波乱はここから始まるのだった。

ミグーさんにもやはり仲の良いグループがいるわけで・・・。

渡そうにも渡せない。

そんななかで数日が経って行った。

M「あぁ~・・・俺が渡してくるっ!!貸せっ!!

俺「(°Д°)ハァ?本気かよ?」

M「本気だ。俺が渡してくるから貸せ!ガルからって言うから!!」

俺「わかった・・・そんなに言うなら・・・」ポイッ

M「よし!!行くぜ!!」

ちょっとマテ?なんでそんなに人数がいるんだ?

5人くらいでぞろぞろいってんじゃねぇ~よ。

俺「・・・俺が・・・渡すよ・・・。」

明日に乞うご期待(?)!

ナイトメア

ミグーさんのメルアドをゲットしたM。

そして半強制的にミグーにメルアド教えていい?と聞き、メルアドを渡される。

・・・。俺に何しろと?

まぁそんなこんなで少しずつメールをしていく。

俺は携帯持ってるわけではないのでPCで少しずつ・・・だが。

そんなとき俺はある場所へ行く予定があった。

日記でも昔書きましたね。

そう。

ディズニーシーですよ。

M「それだっ!!よしっ!!なんか買って来い!!んで渡すんだよ!!」

俺「は・・・?誰に?」

M「ミグーに決まってるだろ!!俺もいるけど。

そんなこんなでミグーさんにお土産と称してプレゼント(?)を渡そう大作戦が始まってしまった。

いきなり渡すのはすっごい嫌なので・・・メールで断りを入れる自分。

「そんなの悪いからいいよ」みたいなことを言われるが・・・。

そんなことではめげないM。

M「よし。買って来ちゃえよ。」

・・・。( つД`)

ということで大作戦が始まる・・・。

ぁ~ぁ正解だったんだかやめときゃ良かったんだか。

悪夢の始まり。

もちろんゲームといってもみんなかなり本気。

だって振られたりしたら痛いし・・・。

うちの学校そういうのに対する嫌がらせが

すっごくうざいんですよ

そしてミグー(仮名)のことをそういう対象として見てしまった俺は・・・。

瞬殺。去年と同じく惚れる。

悪いとこないですもん。

このゲームは別に彼女をゲーム感覚で作る・・・じゃなくて

彼女作ったとき、みんなからお祝いのがもらえます。

そして言い出した張本人Mがゲーム開始1週間。

告白する。

てめっ!!はえぇよ!!って言葉も無視。そして

ゴール・・・

速攻ゴールを決めてくれやがりました。

おめでとぉ~M。

Mとは結構仲が良く、メールしたりして話す。

M「おぃガル~おまえも動けよぉ?あっそうだ!!俺がミグーのアドレス聞いてきてやるよ!!」

(°Д°)ハァ?ちょっ!!待てよ!!!おぃ!!

人が止めるのも聞かず自由気ままにアドレスを聞きだすM。

M「メルアドげっとぉぉぉ・・・。」

これからが俺の悪夢(?)の始まりだった。

ゲームスタート

ゲームしようぜっ!!一緒に飯を食っていた友達が言い出した言葉だ。

どんな「ゲーム」かというと・・・。

「この中の4人の内、誰がどんな順で彼女ができるか。」

そのとき漠然と好きな人がいなかった俺は断固反対。

しかし意味無くノリのいい2人が賛成しやがりまして・・・

強制的にこの「ゲーム」に参加することに。

しかし自分はまず「好きな人」から考えなくてはならなかったんです。

で・・・ふと思いついたのがミグー(仮名)さん。

自分が2年の時同じクラスだった人で、性格は無邪気・明るいような人。

思いつきのまま自分はその人が好きになる。

思いつきって不謹慎な・・・と思われるかもしれませんが・・・。

そういう感じで意識しちゃうと駄目なんです

むしろ元々好きだった人。悪いところなどないのでそのまま引きずり込まれていく自分。

そして友達の悪魔の一言。

行動しろよ?」( ̄ー ̄)ニヤリッ

(°Д°)ハァ?行動って・・・?

「アタックに決まってんだろ!!ミグーに!!」ヽ(`Д´)ノ

Σ(・Д・ノ)ノ アウッ マジか!!・・・やりたくない・・・( つД`)

そして3人が思いのまま好きな人へとアタックを開始する。。。ことになった。

ちなみに1人は調子こいたこと言って逃げ回ってます。正直殴りたくなりました。

はぁ~・・・

昨日の続き。

すいません取り乱しましたね。

恋愛の話からゲーム差別の方へと走っちゃいました。

ほんとすみませんね。

で・・・こんな俺にも好きな人とかいるわけですよ。

ちなみに俺付き合った暦1回というすばらしいショボさ。

1年生になんかは人気あったりするらしく、ちょっと前に2年生に告白されましたが・・・

振りました。

どうでもいい話ですが1年生に人気あるとか言われても実感わきませんよね。

だってそ~ゆ~のに限って

本人に教えてくれないんだから。

というか知らないままでいいやとか考えちゃってます。

で、本題に戻りますと・・・。

俺が好きな人・・・今度仮名考えておきますね。

というか俺のタイプは・・・明るい人・活発な子が好きらしいです。

その人はなんというか眺めていると子犬のような感じ。

無邪気で可愛らしいというか・・・。

でも最近は・・・別に気も止めていなかったのです。

あの「ゲーム」が始まるまでは・・・。

恋愛?

とりあえず今日から恋愛系をびみょ~に語って行きます。

一応断っておきますが・・・。

期待してるような楽しいものは・・・

多分無いですよ?

まぁとりあえずここでダラダラと話していくのも嫌なので

自分のスペックを紹介。

身長・・・160くらい、高くは無いです。

運動神経・・・部活はハンドボール部。球技ならそこそこ得意です。野球なんて嫌いだぁ~( つД`)

頭の良さ・・・自分の学校では上の下、中の上くらいですかね。

ルックス・・・かっこよくない、むしろ人から年齢を間違われることが多いです。
良く言えば大人っぽい。悪く言えば老けてる。

えぇ。この二つには大きな差がありますよね?

昨日なんて久しぶりに親戚に届けものをしに行ったら

(°Д°)ハァ?みたいな顔でみられましたからね?

本気で誰かわかんなかったみたいです。

服装・・・友達が着るような派手な服が似合いません。というか・・・

派手な色に嫌いな色が多いんですよ。

黒、グレー・白・青が好きな俺。

ちなみにコンタクト着用。

性格は人見知りは結構するほうです。

友達から「オタク」と言われる事もしばしばありますが・・・。

なんで格ゲーはオタクじゃないの?2人だから?

みんなティルズやってるけど2人プレイだからOK?

なんで1人プレイは駄目なのさ!!

というか最近ゲームというものをやってねぇよ!!

サッカーゲームはOKなのか!!?はっきりいって操作方法もしらねぇぞ!!

こんな俺でも好きな人はいるわけで・・・。

...続きを読む

むぅぅ・・・

昨日ゲームやろうとしていたら忘れました。

プレイ日記かけないじゃん

ぁ~ぁ・・・。

恋愛系の話?

・・・

本気ですか!!?書けと!?

・・・

俺に死刑宣告するのと同じですよ

も・・・もしそれでも「殺れ!」というのなら・・・やるかもしれません。

カテゴリに「恋愛」なんてものが入っていたら殺るという証拠です。

ぁぁ寒い・・・。

うぅ・・・。

ゲームをしないとプレイ日記がかけません。

当たり前のことなんですが結構これつらいんです。

ちなみに俺寝るの早いんですよ。

10時就寝

小学生の頃8時就寝とかでしたからね。寝ないとつらいんです。

それにPCが自分の部屋にあるわけじゃないし、携帯もってませんし。

勉強くらいしかやること無いんですよ。

本読めばいいじゃんって言われても1回読んだ本は内容をほとんど(あらすじ)を覚えてしまうので・・・。

勉強にいかせ!!って言われてもつらいんですよね。それは。

そういえば2日で壊したイヤホンの新しいのがきました。

そうですよ。思えば同じイヤホンで3000近くの出費。

ギフト券をどぶに捨てたのでしょうか俺は・・・。

ネタが無いって嘆いていたら友達に「恋愛系のネタがあるだろっ!!」って言われましたが

俺なんかの書いてもねぇ・・・?恥ずかしいし。

大和の正体

マサナガ「よく来たな!!ここを我の戦場としよう。もてなしは期待するなよ!?」

次々とジョージ一行が戦いを挑むが弾き返される。

マサナガはそして信じられない行動をとった・・・。

「完全なる善人」にしか開けないと言われた大神写本を・・・

開けたのだ。

マサナガ「一つ・・・昔話をしてやろう。昔一人の神がいた。

その神は退屈をし、新しいものを作った。そう・・・世界だ。彼は作っては壊しとそれを続けていた。

神は有るとき気まぐれに人類を作った。人類は未完全なものだったがそれだけ大神を頼った。

そして・・・どうなったと思う?どうなったと・・・。大神は嬉しかったのだよ。

その喜びに振るえ、その世界を残していたとき、一つの誤算が生まれた。

人々の補助として作った精霊のことだ。

人々は身近な存在の精霊を敬い、親しくなっていき、大神を忘れていった。

大神はそれが許せなかった。そして全てを洗い流し、自分を慕ってくれる者だけを生き残らせようと考えた。

それが・・・かつての大洪水だ。

・・・わかるか?つまり魔神とは大神のことだ!!

精霊達は大神を封印し、そのことを隠し、自分達の存在を守った。

精霊達の虚偽と欺瞞で固められた国、それが大和の正体だ!!

来るのか?か弱き虚偽の精霊に守られた精霊に操られし者達よ。

我は魔王マサナガ!!ここに大神の復活を誓う!!」

こうしてマサナガとの戦いが始まる。

一同「うぉぉぉぉぉぉ!!!」

マサナガ「負けた・・・か。貴様らはこれからどうするつもりだ?」

ジョージ「精霊達にこれからは虚偽無く人々と付き合うように交渉します。そして・・・この世界が偽りでは無いことを証明します。」

マサナガ「偽り・・・か・・・。ずいぶん甘いな葵の姫よ!!数百年続いた欺瞞がそれだけで晴れると思うか!!?

甘いぞっ!!蘇れクオウマル、オニタケマルよ!!・・・確かに貴様らは儀式を止めた。

だが・・・力は止まるものか?我が妻アヅチヒメに入れぬのなら一番神に近い存在、

人ではなく、半精霊でもないもの・・・そう帝に入るだけよ!!

フジヨシ!!聞こえているか!?貴様に力を与えよう!!そしてこれからの全権をお前に託す!!」

まーちゃん「これは・・・俺達の神器と似ている!?」

そう、12の武器が宙に浮かび、それが例外なく僕達の神器に似ていたのだ。

マサナガ「貴様ら精霊の神器に対抗してできた大神真神器!!ゆけっ!!貴様らの主の下へ!!」

フジヨシ、ミナル、タダマス、オニタケマル、ナカエ、テルヒメ、コタロウ

ランマル、シゲ、タマヒメ、エグザビアガ大神真神器の使い手となった。

マサナガ「大和の諸君よ!!良く聞け!!これからは

フジヨシ帝軍

精霊の虚偽と欺瞞に守られた葵精霊軍との全面戦争だ!!」

まーちゃん「ひとつ・・・聞きたい。貴様はこの戦いを終え、精霊、大神のどちらかに決まった後の平和に・・・期待したのか?

そのために全ての罪を被り、戦争を起したのか?」

マサナガ「何をいっている!!我は魔王マサナガ!!大神の復活を願い、全ての罪を被り地獄に落ちるものだ!!」

こうしてジョージ一行は崩れ始めた本能寺から脱出する。目指すは大神が乗り移ったと言われる帝がいる京・・・。

マサナガ「みたか・・・?アヅチヒメ。昔から情にもろく、泣き虫なのは変わらないな・・・ミツヒデも・・・。」


もしかして俺だけ?

もしかして俺だけでしょうか?

テストの日の朝にめっちゃ更新してる人は

もしかして俺の家だけでしょうか?

もはや一週間に2回は夕飯は鍋になってるのは。

もしかして俺の家だけでしょうか?

弟の受験を忘れてる姉と兄がいるのは

もしかして俺だけでしょうか?

買って2日のお気に入りイヤホンを壊した人は

うん。多分俺だけじゃ・・・ない?

...続きを読む

魔王

ごめんなさいっ!!

昨日サボりましたね・・・俺の皆勤賞が・・・(マテ



一行は本能寺に向けて進軍をしていた。

そのとき逆の進軍路から敵軍が現れた。

マスカー「おや・・・招かれざる者が来て見れば招かれざる客が・・・。」

リカー「とりあえず・・・ここは通せぬといっておこうか。」

セイセイ「そういうことだ。お相手願おう。葵の姫よ。」

魔神復活については関係を持たぬマサナガ軍の将もここ本能寺に駆けつけていたのだ。

マスカー&リカー&セイセイ「我らの志。殿と共にあり!!」

こうして本能寺を目の前にして合戦が始まった。

劉鴻「ぁっ!!私あの人達知ってます!!。昔お父さんに大和武将図鑑買ってもらったんです!!」

・・・そんなものがあるの・・・?

劉鴻「ありますともっ!!足型とか載ってるんですよ!!?」

・・・別にあんまり変わんなくない?それって?・・・。

劉鴻「かなり違うんですよ!!あそこにいるセイセイさんなんか偏平足で頭のちょうど真上に三日月型のハゲがあるんですっ!!」

セイセイ「きっ貴様!!何故それを!!?」

劉鴻「わぁ~~ん!!三日月ハゲが怒ったぁぁぁ・・・」

グエム「僕達はこんなところで止まってられないんです!!突っ切りますよ!!」

桃っち「ん~・・・それはいいけどこんなにいると・・・さすがに倒す・・・しかないかな?」

バド「まかせろぃ!!今まで出番が無かった分まで暴れるぞぃ!!」

バドの術が炸裂し、敵が弾け飛ぶ。グエムと桃っちが敵を裂き、くり~むが撃つ。

グエム&桃っち「こ、これは・・・力が溢れてくる・・・?」

グエムと桃っち忍術最高奥義「チャクラ開放」を会得。

超人というよりもはや変態的な強さで敵をバシバシ倒していく二人。

本能寺についた・・・。

まーちゃん「マサナガっ!!貴様を止めにきたぞ!!母を使い魔神を復活させるとは何を考えている!!?」

~魔王後編へと続く~


セイセイ・リカー・マスカーはフジヨシ達とは違い、魔神復活には関われなかったマサナガ軍の将です。

覚えていました?w

文化祭

文化祭でした。

疲れました。

プレイ日記は明日から再開するつもりです。

あんな微妙なところで止まるなよとか思ってくれれば幸いですが・・・。

楽しみにして無いですか?

結構泣ける( つД`)

文化祭は・・・なんていうんですか?

合唱コンクールとは別にやりましょうよとか感じました。

バンドで演奏してくれた有志の人は上手いと下手だと扱いが違いますね。

まぁとりあえず・・・ソーラン節を踊ったリリー!!

お疲れ!!かっこよかったよ!!

鼠の海。

鼠の海にて・・・。

とりあえず・・・人・・・・。

田舎者の自分達にとってこれは苦痛。

K「人がゴミのようだ・・・。」

・・・アリしましょう。せめて。

確かになんか彼女とイチャイチャしてる人ばっかで見ているとイライラするのはわかる・・・

わかるがっ!!

ゴミ・・・は無いだろ?

自分が乗ったのはストームライダーとインディージョーンズ。

自慢じゃないが・・・自分は

絶叫系が嫌いなんだぁぁぁぁ!!

修学旅行では無理矢理スプラッシュマウンテンとかビッグサンダーマウンテンとか乗らされました。

センターオブ・ジ・アースなんてのにも乗らされそうだったので逃げました。

本気で。マジで。気合で。お土産見るという名目で。

友達へのお土産があったんで見てましたけどね。

けど物価高いですよね。あそこ。ペットボトル1本210円ですからね。

自分のちかくでいつも100円で買っている俺にとってはかなり驚愕ですよ。

なんだかんだで5000円近く使いました。

恐ろしいところです。さすがねずみ~・・・。

それにポップコーンの入れ物とか・・・。高すぎですよ!!あれ!!

つけている人がそこら中にいるんですが・・・金持ちですね皆さん。

自分は・・・

まずポップコーン代がもったいないとか思っちゃいます。

...続きを読む

ねずみ~

某ねずみ~海にいってきました。

ディズニ○シーともいいます。

疲れました。

お土産買いました。

修学旅行なんて自分の分しか買わなかったのに友達とかにも買いました。

それについての日記は後日・・・。

だってつかれた・・・( つД`)

プレイ日記。

稲葉達が南総で戦っている頃・・・僕らは相模へいた。

敵軍の将は・・・やはりシナオ姫だった。

まず言われたのは大神写本を渡すこと。渡さなければ大阪城から砲撃を開始する・・と。

戸惑っていると物陰からコタロウが出てきて大神写本を奪い取られてしまった。

ミナル「良い働きだ。コタロウ。そしてシナオ。マサナガ様への忠誠としてこいつらを倒せ。」

シナオ「皆さん・・・来て下さい・・・。貴方達が思い描く世界を作るために・・・人形姫の糸を断ち切るために・・・。」

こうしてシナオとの戦闘になる。

シナオは可愛い顔して2回行動とか卑怯くさい能力をもっていた将だった。

しかしこちらには勝てず、アランの一撃によって勝利をおさめる。

一同「おっしゃー!!(やった~!!」

ミナル「では・・・砲撃を開始する。」

ジョージ「は、話が違うではありませんか!!大神写本は其方の手にあるはず!!」

ミナル「お前達は大神写本を渡さなかった。だからコタロウが奪った。違うか?」

一同が言葉につまり、死を覚悟したとき、相模から主砲の一撃が大阪城に火を噴いた。

相模の技術力を買い、大阪城につむべき主砲を相模に作らしていたのだ。

ミナルの怒りを買い、砲撃を行った場所近辺は火の海にされたが大阪城も動力が狂い、一時着陸した。

一同があっけにとられ、ポカンとしていると。

???「ほれ。何をしておる。大阪城は当分飛べん。今がマサナガとの戦いのチャンスだと思わんか?」

バドだった。そして皆の頭の中にアラナカが言った言葉が思い描かれた。

「バドという者に気をつけろ。」しかし皆とはちがったことを感じ、動いたものがいた。

くり~む「お師匠様!!お師匠様でありませんか!!?」

なんとくり~むに鞍馬山で刀の使い方を教え、馬を与えた師匠がバドだというのだ。

桃っち「ちょっとまってね?そのお師匠様ってのがバドさんだとしたら・・・一体何歳なのかな?」

バド「ん~・・・帝よりちょっと上かのぉ・・・。この意味わかるか?わしはこの国を影で支える役なのじゃよ。」

バド「しかし南北朝戦争を起したダイゴ、あれはわしの息子での?そのせいでだいぶ力が落ちたようじゃ。」

そう、バドは自分が大精霊であるという正体を自分達に明かし、その後、新しい杖を出した。

バド「羊の神器ってやつでのぉ。これで12神器揃い踏みってこった。」

こうして半信半疑ながらもバドが再び一行に加わった。

これから一行が目指すのは尾張の大断裂が有る場所。

その上にある儀式の場所。「本能寺」である。

マサナガと戦えるのは・・・今しかない。

バトン。

1:理想の異性が記憶喪失で倒れている!

  だ・・・大丈夫ですか!!?と立ち寄る。(ってか見た目で記憶喪失かわかるのか?

2:歩いていたらサインを求められた。

  遠慮して逃げる。

3:引き出しからドラえもんがでてきた。

 ポケット奪って逃げる。

4:殺し屋に「死に方くらいは選ばせてやるよ!」といわれた。

  俺・・・畳の上でゆっくりと死にてぇとか言って見る。

5:見知らぬ大富豪に遺産を託された。

  ありがたくもらっておきます。

6:初対面で「もしかして・・・AB型じゃない?」といわれた。

  うん。良く言われるね。

7:預金残高が増えていた。

  とりあえずうれしいのでしらんぷり。

8:カモシカのような脚にされた。

  泣ける。( つД`)

9:前に並んでる人に「俺の後ろに立つんじゃねぇ!」と言われた。

  じゃぁ後ろいってくださいとか言って見る。

10:「犯人はあなたです。」と言われた。

  ありがとうございます!!

11:鏡を見たら目がヤギになっていた。

  結構怖いね・・・それ。家から出ないですよ。

12:尻の割れ目が消えた。

  ・・・病院行ってきます。

13:偶然手に取った本の主人公が明らかに自分だった。

  作者のところへ言って見る。
 
14:モナリザがこっちを見ている気がする。

  多分怖すぎて精神安定剤もらいにいきます

15:いきなり自分に生き別れの兄弟がいると知らされた。

  おにいさぁぁぁぁぁん!!─二三ヽ( `Д)ノ

16:駅のトイレで用をたしたあと紙がないことにきづいた。

  ティッシュ常備してるから・・・。

17:バレンタインデーに男にちょこを渡された。

  蹴り飛ばす。

18:次だ!次!
    誰かもらってください・・・。とりあえずコメントでバトン回してくれる方・・・お願いします。

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。